冷え性にエクオールサプリ・エクエルは効果あり!副作用もなし

冷え性には若いころから悩まされていましたが、40代半ばをこえたころから、とくに冷えを強く感じるようになりました。

私もとうとう更年期を迎えたのかしらと思っていたところ、テレビのCMで、「大塚製薬 エクエル」に目を惹かれました。

エクエルは、大豆を乳酸菌で発酵させて作ったエクオール供給食品だとのこと。

大塚製薬が独自に発見した乳酸菌で、大豆イソフラボンを上回るエクオールという成分を開発したとのこと。

大豆イソフラボンが、女性のホルモンに似たはたらきをして、女性のからだには良いというのは前から何となく聞いていました。

エクオールはその大豆イソフラボンを上回る成分だから、40代以降の女性の健康と美容に良いというわけですね。

さっそく、エクエルを大塚製薬の公式通販サイトで注文しました。

エクエル 効果

エクエルはコンパクトなボトルに入っています。

さすが大手製薬会社さんだけあって、ラベルのデザインには、白を基調としたシンプルさの中にもクオリティ感があります。

何か更年期の暗い気持ちを吹き飛ばしてくれそうな、明るいイメージで嬉しいです。

エクエル 効果

ボトルをあけてから、ちょっとびっくりしたのが、粒の大きさが思ったより大きかったこと。

摂取の仕方には、「1日4粒を目安に、水やぬるま湯などでお飲みください。」とはあるけれど……。

ちょっとこの粒の大きさでは飲みにくそう、と思ってしまいました。

エクエルのサイト情報を見てみたとろ、食品感覚で、噛み砕いて食べても良いとのこと。

試しに私もポリポリと食べてみました。

ほとんど匂いも味もなく、とても食べやすいです。

これなら、水で飲むのが苦手という人にも大丈夫そうですね。

エクエル 効果

ところで、エクエルはパッケージとかでも、エクオール供給食品と書かれているので、ふつうのサプリとどう違うのだろうかと思って、ちょっと調べてみました。

どうやら、エクエルは、エクオールを抽出したり、濃縮したり、合成したりして作ってはいないので、そこがサプリとは違うのだそうです。

エクエルは、大豆胚芽を乳酸菌で発酵させて作った食品。

それで、そのままポリポリと食べても良いというわけですね。

エクエル 効果

エクオールという成分は、女性ホルモンのエストロゲンによく似たはたらきをもっているため、40代以降の女性の健康や美容によいとのこと。

更年期を迎える時期になると、卵巣の機能が衰え、その結果、卵巣から分泌されている女性ホルモンの量が減少すると言います。

更年期になると、ホルモンバランスの乱れに加え、体温調整などをつかさどる自立神経のはたらきも低下するので、それで冷え性もますます重くなるのだとか。

更年期の症状の緩和には、ホルモン治療が良いといいますが、ホルモン治療にはちょっと抵抗を感じていたので、もっとナチュラルな方法はないものかと探していました。

エクエルなら、大豆胚芽と乳酸菌でつくられているので、 食品感覚で安心して摂取できます。

さらに、香料や保存料を使用していないところも嬉しいです。

エクエル 効果

大豆イソフラボンが女性ホルモンのような働きをするなら、豆腐とか納豆などの大豆食品を食べるようにすればいいんじゃないのって思ってしまいますよね。

でも、現実的には、毎日の食事から大豆イソフラボンを十分に摂取するのは簡単なことではないようです。

さらに、私たちのからだには個人差があって、誰にでも大豆イソフラボンの効果があるというわけではないようです。

大塚製薬は、その個人差の問題を解決するために、誰にでもエクオールが供給できる商品を研究開発し、それがエクエルだとのこと

エクエル 効果

エクオールは大豆イソフラボンに含まれているダイゼインという成分が、腸内菌の力を借りて、変換されて生み出されるのだとか。

エクロールは、ダイゼインのままと比べ、よりエストロゲンに似た働きをすると言われています。

しかし、大豆に含まれているダイゼインをエクオールに変換するための腸内菌は、全員が持っているわけではないんだそうです。

エクエル 効果

腸内でエクオールをつくれる人は、日本人で約5割、欧米人では約3割にとどまるとのこと。

いったい自分は、エクオールを作れる人なのかしら、作れない人なのかしらと、ちょっと不安になりますね。

でも大塚製薬のエクエルなら、独自に発見した乳酸菌で大豆胚芽を発酵させたものなので、その腸内菌を持っている人でも、持っていない人でも、その両方にエクオールを供給することができるのだそうです。

なので、もしも自分がからだの中でエクオールを作れないタイプの人だとしても、エクエルを毎日食べていれば安心ということですね。

エクエル 効果

私は仕事で外食する機会が多く、最近だんだん洋食の比率が高くなってきて、大豆食品を十分に取れないのが心配でした。

でも、エクエルを始めてからは、毎日大豆由来の食品を摂ることができて、その心配もなくなりました。

私はエクエルのボトルをいつもバッグの中に入れていて、小腹がすいたときに、1粒ずつ1日4回、ポリポリと食べています。

最初の1ヶ月くらいは何の変化も感じられませんでしたが、2ヶ月目の初めに、冷えで手足がビンビンしびれるということがなくなったのに気がつきました。

さらに、友人に「最近、顔色が明るくなって、ちょっと若返った感じだけど、なにかやってるの?」と言われて、とても嬉しかったです。

更年期でどよーんとた気持ちもなくなり、最近はビルの3階ぐらいなら、階段で行こうって、気持ちにハリがでてきたような気がします。

これもエクエルを毎日食べているおかげと感謝してます。

エクエル 効果

⇒⇒⇒ 大塚製薬 エクエルの事をもう少し詳しく調べてみる

 

関連記事

ページ上部へ戻る