冷え性に田七人参サプリを飲んだが効果あり!副作用もなし

夜ベッドに入ってからも手足が冷たくて、なかなか眠れませんでした。

冷え性の改善には高麗人参が良いというのは以前から聞いていました。

最近は、高麗人参のサプリもいろいろ出ているみたいですね。

実際に、友人の間でも高麗人参サプリを飲んでいるという人がけっこういたりして、ちょっと気になっていました。

そんなとき、友人が「白井田七」というサプリを飲み始めてから、冷え性がだいぶ楽になったと教えてくれたんです。

冷え性 田七人参

「白井田七」は、高麗人参とはちょっと違った、田七人参から作られたサプリだそうです。

田七人参も高麗人参も、同じウコギ科の植物で、お互い親戚のような関係。

とくに、田七人参には「サポニン」という成分が高麗人参の7倍も含まれているとか。

「サポニン」には、血液の流れを良くし全身に血液を循環させるはたらきがあるので、それで冷え性に良いというわけですね。

「白井田七」には、冷え性改善の効果が期待できそうです。

さらに、田七人参は美容にも良いみたいで、サポニン以外にも、さまざまなビタミン類やミネラルなど、食事だけでは取りにくい栄養成分もバランスよく含んでいるのだとか。

そういわれてみれば、最近友人も、肌のつやが良く、顔色も明るく、イキイキとして、ちょっと若返った感じがします。

さっそく私も「白井田七」サプリを試してみることにしました。

冷え性 田七人参

「白井田七」は、他のサプリとは違って、瓶に入っています。

ちょっとお薬みたいな印象があって、 瓶のデザインからも、品質の高さと、製造者のこだわりを感じ受けました。

瓶のふたを開けてみると、うっすらと普通のニンジンの香りが。

高麗人参は匂いがきついと聞いていたので、田七人参もそうかなとちょっと心配していましたが、これなら大丈夫そうです。

「白井田七」は錠剤で、色はうす茶色。自然色でいい感じ。

錠剤を手にとってみると、表面がちょっとザラッとしています。

その理由は、「白井田七」は原材料の田七人参をできるだけ天然に近い状態で加工、製造しているからなんだそうです。

ザラッとしてても、飲みやすさにはぜんぜん問題ありません。

「白井田七」の、1日当たりの摂取量は、4粒から8粒が目安だそうです。

最初は1日4粒から始めて、慣れてきたら1日8粒にしても良いとネットで紹介してありました。

お薬ではないので、とくに決められた時間に飲む必要はないとのこと。

私は、8粒を一度に飲むのは辛いので、朝、出かける前と、夜、寝る前に、4錠ずつ白湯で飲んでいます。

白湯で体も温まって一石二鳥です。

冷え性 田七人参

田七人参は、最近、ネットの口コミランキングなどでも注目を浴びているようです 。

最近の研究から、田七人参には、高麗人参を凌ぐ薬効がたくさん認められているのだと聞きました。

田七人参は、中国雲南省を中心に、環境の厳しい高山のみに生息するのだそうです。

収穫まで7年かけてやっと育つために、田七とよばれるようになったのだとか。

栽培が難しいうえ、 量産ができないため、中国では別名「金不換」つまり「お金に換えられない」と言われているほど珍重されてきたようです。

田七人参は、いったん収穫すると、その土地には10年間、雑草も生えなくなるほど、土壌の栄養分をことごとく吸い上げて育つのだそうです。

となると、その土壌の安全性が大事になってきますよね。

「白井田七」は、完全無農薬、有機栽培の田七人参のみを使用して作られているので、とても安心。

田七人参では世界初の国際有機認証(IFOAM)、有機JAS認証も取得済みとのこと。

これなら、安心して毎日続けられます。

冷え性 田七人参

私は「白井田七」を初回の特別価格で、1瓶9,240円で購入しました。

初回の購入価格が1万円以下なのは、とても購入しやすく助かりました。

「白井田七」は1瓶に240粒入っています。

1日8粒ずつ飲むと、1瓶で1ヶ月分の計算。

ネットでは、「白井田七」のお得で便利な、毎月お届けコースを紹介しています。

続けるほど、どんどん割引率が高くなってお得になるので、これなら長く続けて飲むことができそうです。

それに、コースはいつでも変更・中止することができるようなので安心。

冷え性 田七人参

私は、最初の1週間目は「白井田七」を朝と夜に2粒ずつ、1日4粒から飲み始めました。

2週間目からは、朝夜4粒ずつ、1日に8粒飲むようにしました。

「白井田七」はサプリメントで、お薬ではないので、続けることで、効果がじわぁっとでてくるもの。

からだの細胞の生まれ変わりの周期からも、最低3ヶ月は続けないと変化は感じられないのだとか。

なので、私も3ヶ月は続けるつもりでした。

ところが、2週間目の中ごろ、子どもが、手をつないだときに 「ママの手あったかい」と言ってくれたんです。

いつもは私の手の方が冷たかったのに。

3週間目には、夜ベッドに入ってからも手足がポカポカと感じられました。

「白井田七」の最初の1瓶が終わるころには、手足が冷たくて夜眠れないということもほとんど無くなりました。

「白井田七」のおかげで血行が良くなったのか、友人にも顔色がよくなったね、と言われました。

これも「白井田七」の田七人参のパワーのおかげと感謝の気持ちでいっぱい。

これからも「白井田七」を続けて、イキイキと元気に暮らして行きたいと思っています。

冷え性 田七人参

⇒⇒⇒ 白井田七を試してみる【ネット通販限定キャンペーン中】

 

関連記事

ページ上部へ戻る